工務店が関係する法律の内容

工務店が関わる法律

工務店が関係する法律

工務店が関係する法律にはいろいろなものがあります。例えば、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律です。同法の3条1項で、建設業者は、発注者に引き渡した新築住宅について、当該発注者に対する特定住宅建設瑕疵担保責任の履行を確保するため、住宅建設瑕疵担保保証金の供託をしなければならないことになっています。 この住宅建設瑕疵担保保証金は、一定の国債証券や地方債証券などでもかまいません(同法の5項)。 住宅建設瑕疵担保保証金は、工務店などの建設業者が住宅の瑕疵について修補しないときは、その保証金を発注者が得られるというものです。

工務店,地区

違約金は法律によって決まる

建築に関する違約金については、法律で定められています。ですから、不当なものについては、必ず確認をしてから、請求の受理を考えてください。例えば、住宅建築の契約前に、相談段階でことわりを入れただけで、工務店からの違約金請求なんていう事実もあります。こうした関連のトラブルは、専門家などに法律の有無を確認したうえで対応することが賢明です。事実、様々なトラブルが横行していますが、少なくとも工務店への契約前段階での請求は、ほとんど不当なものと考えられています。ですから、住宅建築に関する相談は、複数の業者に安心して行ってください。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店が関係する法律の内容. All rights reserved.