工務店が順守してる法律

工務店と法律の順守

工務店が順守している建築基準法

住宅建築では建築基準法など色々な法律が関わってきますが、設計も行っている工務店であれば建築基準法に詳しい知識を持っているため、違法な設計プランに不安になることは無いと言えます。建築基準法は必ず守らなければならないものですから、設計者にとっては重要な存在となります。注文住宅では希望を叶えることが可能ですが、あくまでも建築基準法やその他の法律の範囲内で行われる設計となります。工務店でも違法建築は建築できませんので、確実に把握しているのが基本となりますが、注文設計では違法とならない範囲で自由に設計できるのです。

工務店,地区

建築の際の法律と基礎知識

工務店に建築を依頼する際に守られなければいけない法律がいくつか定められていますので、依頼者はある程度の基礎知識を持っていた方が良いのですが、境界線と建ぺい率の問題は特に大切です。特に住宅密集地の場合はあまり近い所に家を建てると、隣の家の様子が見えてしまい、プライバシーが守られない事から、最低50センチは離さないといけない事になっています。さらに建ぺい率を超えてしまうと建築違反になりますが、具体的にどのように定められているかは素人では分かりづらい部分もありますので、工務店のスタッフにお任せして違反にならぬよう作っていただきます。特に改築をした場合にオーバーとなることがありますので気をつけなければなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店が関係する法律の内容. All rights reserved.