工務店と結ぶ契約に関して

工務店と結ぶ契約

工務店との契約の際の注意点

自宅をリフォームするときはホームセンター等で材料を購入して自分で工事することができます。しかし、大規模なリフォームになる場合は法律が関係してくることがあるので気を付けなければなりません。住宅関連の法律といえば建築基準法があります。ちょっとした物置きを造る程度なら問題ありませんが、部屋を増築する程の工事になると役所への確認申請を行わなければなりません。確認申請といっても素人には分かりづらいでしょう。そんなときは専門的な知識を持つ工務店に依頼するといいですね。工務店には建築士がいるので安心して依頼することができます。

工務店,地区

契約書と法律について

新しいマイホームを手に入れる際に必要になってくるのが工務店との契約書です。今回は主にその契約の際に知っておくべき法律を紹介していきます。契約をする際には建設業法の第19条で請負契約について述べられています。内容は少し長めですが、知らなかったでは済まされないのでじっくりと読み込みましょう。また第20条では見積もりについて、そして第21条では契約の保証についての記載があります。今までに挙げた法律以外にも、同じく建設業法の第24条には下請け代金についてなど、工務店と契約を結ぶ上で大切な内容が記載されているのでまんべんなく読み込んでおくことをおすすめします。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店が関係する法律の内容. All rights reserved.