注文住宅との付き合い方

注文住宅のすすめ

戸建ての住宅維持の仕組み

最近、国内各地で頻発する地震や”100年に一度と評される大雨など、住宅の外部環境は厳しく、屋内の人は快適でも、建物は経年劣化や外部的な傷みを避けられません。マンションは区分所有建物といって、住戸内は個人のものですが、建物全体は共同で管理するため、修繕計画に基づいて修繕積立金を積み立てています。戸建ての場合、毎月修繕積立金を強制的に支払う必要はありませんが、10年から15年に一度のサイクルで、外壁の塗替えや屋根の防水など、メンテナンスは必要です。住宅維持のための積立をして、備えておくと安心です。

工務店,地区

住宅選びで忘れてはいけないこと

住宅選びにはたくさんのポイントがありますが、どうしても住まいの空間の快適さに目が行きがちです。しかし、一生に一度の買い物という人が大半の住宅選びにはもっと気にかけるべきポイントが有ります。それは、光熱費の負担です。ソーラー発電などのエコ家電設置が可能かどうかをよく見ておいた方が良いでしょう。長年住み続けるつもりであれば、わずかな光熱費の違いであっても、その負担額は大変大きなものになってしまいます。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店が関係する法律の内容. All rights reserved.